組織

五所川原商工会議所の組織について

 

※画像クリックで拡大

・会頭  1名

・副会頭 2名

・専務理事 1名

・監事  3名

・常議員 20名

・議員  60名

 

 

部会について

 

部会は、業種ごとにまとまった組織体で五所川原商工会議所には7つの部会があります。

会員が営んでいる業種によって少なくても1つの部会に所属することになります。

部会において、それぞれの業種の適切な改善発達を目的に会員相互に協力しながら情報収集、意見交換など会員のみなさんが主体となって活動することができます。

また、業種の改善発達や街づくりなどについて商工会議所に意見要望を言うこともできます。その内容について機関決定されると、商工会議所の意見として各方面に対して要望することができます。

 

・繊維部会

・食料品部会

・工業部会

・交通運輸部会

・文化厚生・金融保険業部会

・日用品雑貨部会

・サービス業部会

 

 

特定商工業者について

 

商工会議所は「商工会議所法」に基づく会員組織であるとともに、地域商工業の総合的な発展と社会一般の福祉増進を目指すという強い公共的性格を持つ経済団体です。

このことから、その地域の商工業の実態を把握するために、会員の枠を超え、一定規模以上の商工業者には特定商工業者としてご登録いただき、また経費負担をお願いし、商工業者法定台帳を基にデータ活用や商工業者の商取引の照会、斡旋等を行なっております。

趣旨をご理解いただき、同意確認書・法定台帳の記入、負担金についてご協力をお願い申し上げます。

 

特定商工業者は商工会議所会員とは異なり、以下に説明するとおり法律で指定された商工業者です

  • 会員

自由意思によって加入し、商工会議所

の諸事業を積極的に活用することにより、

事業の拡大を図ることができるのが会員

です。

  • 特定商工業者

商工会議所法に基づいた制度。事業所

規模が一定の基準を満たすと、会員・非

会員を問わず該当事業者となります。

 

特定商工業者確認フロー


 

登録に際しての提出書類

 ⑴法定台帳

  新たに登録する場合は必要事項をご記入ください。商工会議所にご登録済みの事項があらかじめ印字されておりますので、最新情報に修正してご提出ください。

 ⑵負担金同意確認書

  一度の同意確認につき2カ年度分を一括して確認させていただく内容となっております。

 

特定商工業者Q&A

Q.「特定商工業者」とは?

A.法律を基に定められている商工業者のことです。

  毎年4月1日現在において、それまで6ケ月以上引き続き本商工会議所の地区(市町村合併前の

  五所川原市)内に営業所等を有する商工業者のうち次のいずれかに該当する事業者をいいます。

①資本金又は払込済出資総額が300万円以上の法人。

②常時使用する従業員の数が20人(商業、サービス業の場合は5人)以上である事業者。

 

Q.「法定台帳」とは?

A.特定商工業者に該当されている事業者が、自己の事業内容等を商工会議所に提出する

  台帳のことで、毎年1回作成していただきます。

これによって常に地区内商工業の実態を把握するとともに、この台帳データを活用し

て商工業者の事業の繁栄に役立たせるものです。

 

Q.「負担金」とは?

A.毎年1回作成する法定台帳を運用・管理するための費用です。

  法定台帳運用管理には経費がともないますので、商工会議所では特定商工業者の過半数の同意を得

   た後、五所川原市長の許可を受けて年間3,000円の負担金をご協力いただいております。

   税金とは異なり、不払いによる罰則規定はありませんが、商工会議所では制度の理解を得るよう

   努め、納入へのご協力をお願いしております。(※税務上、公租公課費目として損金処理ができま

   す。) 

 

Q.「特定商工業者の特典」は?

A.①法定台帳にもとづいて商取引の照会、斡旋等を受けることができます。

  ②負担金納入の方は五所川原の商工業者を代表する、商工会議所議員の選挙権(1個)

   が行使できます。また、各種共済制度を利用することができます。

 

 

 

五所川原商工会議所と地域のあゆみ

 

昭和22年9月28日   北津軽郡商工会議所設立(事務所所在地:上平井町)

昭和25年5月      商工会議所法施行

昭和26年12月     北津軽郡商工会議所 商工会議所法に基づく認可取得

昭和28年10月     現「商工会議所法」施行

昭和29年10月     五所川原市制施行

昭和30年3月      特殊認可法人、五所川原商工会議所に組織変更

昭和30年7月      商工会館落成(所在地:川端町 龍泉寺跡)

昭和31年2月      第1回優良商工従業員表彰式開催

昭和32年7月      青森県平和産業大博覧会(五所川原博)開催

昭和46年9月      市庁舎及び産経会館落成(事務所を産経会館に移転)

昭和53年12月     全市連合大売出し開催(~平成10年)

昭和62年5月      五所川原商工会議所婦人会設立

平成2年5月       五所川原商工会議所青年部設立

平成5年2月       エルムの街基本構想発表

平成7年1月       第1回ゴニンカントランプ世界選手権大会開催

平成8年3月       駅前地区複合拠点ビル(商工会館)建設決議

平成9年5月       商工会館地鎮祭

平成9年9月28日    商工会議所創立50周年

平成9年11月      エルムの街ショッピングセンター開業

平成10年3月      五所川原商工会館竣工(東町)

平成10年5月      創立50周年記念式典及び商工会館落成記念祝賀会開催

平成10年8月      立佞武多市内運行始まる

平成17年3月      新「五所川原市」誕生(五所川原市・金木町・市浦村)

平成21年8月      第60回五所川原花火大会開催

平成26年7月      東北六県商工会議所女性会連合会総会五所川原大会開催

平成29年8月      立佞武多運行20年

平成29年9月      日本商工会議所青年部第36回東北ブロック大会青森ごしょがわら大会開催

平成29年9月28日   商工会議所創立70周年

 

 

五所川原商工会議所歴代会頭

 

第1代 山内久三郎  昭和22年9月28日~昭和25年3月31日

第2代 原 又三郎  昭和25年4月1日~昭和43年3月20日

第3代 村上 純一  昭和43年3月21日~平成元年3月20日

第4代 川口亀十郎  平成元年3月21日~平成4年3月20日

第5代 川村 恒儀  平成4年3月21日~平成19年10月31日

第6代 寺田 春一  平成19年11月1日~平成25年10月31日

第7代 山崎 淳一  平成25年11月1日~