労務相談

労働保険の概要

 労働保険とは

  労働保険とは、労働者災害補償保険(一般に「労災保険」といいます。)と雇用保険をまとめた総称であり、業務上災害と通勤途上災害による傷病等に対する補償(労災保険)、失業した場合の給付(雇用保険)等を行う制度です。
保険給付は、両保険制度で個別に行われていますが、保険料の徴収等については労働保険として、原則的に一体のものとして取り扱われています。
労働保険は、法人・個人を問わず農林水産業の一部事業を除き、労働者を一人でも雇っている事業主は必ず加入することが法律で義務付けられています。この「労働者」とは、パート、アルバイトも含みます。

労災保険とは

労働者が業務上の事由、又は通勤による負傷・病気・死 亡等の場合に被保険者や遺族を保護するため必要な保険給付を行うものです。 また、労働者の社会復帰の促進など、労働者の福祉の増進を図るための事業も行っています。

・仕事中のけがや病気のとき

・仕事中のけがや病気のため、働けないとき

・仕事中のけがや病気がもとで、身体に障害が残ったとき

・仕事中の事故で死亡したとき

・通勤途上の災害など

雇用保険とは

労働者が失業した場合や労働者について雇用の継続が 困難となる事由が生じた場合に、労働者の生活及び雇用の安定を図り、再就職 を促進するため必要な給付を行うものです。また、失業の予防、雇用構造の改善 等を図るための事業も行っています。

・仕事が見つからないで、失業しているとき

・60歳時賃金月額の75%未満に低下したとき

・1歳未満の子を養育するために育児休業をしたとき

 

労働保険事務組合

 労働保険事務組合は、厚生労働省の認可を得て労働保険事務が面倒・煩わしいとお考えの小規模事業主の皆さんに代わって、雇用保険の届出、保険料の申告納付等面倒な事務をお引き受けします。是非、五所川原商工会議所の労働保険事務組合へのご加入の検討をお願い致します。

ご加入できる方

・五所川原商工会議所会員(但し、会員の年会費以外に別途委託手数料が必要となります。)

・現在、会員でない方も入会すれば資格ができます。

・労働者を使用する小規模事業主

・従前より社会保険労務士に事務委託をしていない方

事務委託できる範囲

・労働保険の申告・納付

・保険関係の成立届・雇用保険事務所設置等に関する事務

・労災保険の特別加入等に関する事務

・雇用保険の被保険者に関する事務

・その他労働保険についての申請、届出、報告に関する事務
(※印紙保険料に関する事務並びに労災保険・雇用保険の保険給付に関する請求書等の事務は労働保険事務組合から除かれます。)

事務組合に委託するメリット

・労働保険料の申告や雇用保険の手続きなどを代行します。

・労働保険料の額にかかわらず年3回に分けて分割納付できます。

・労災保険に加入することのできない事業主や家族従事者であっても、労災保険に特別に加入することができます(別途保険料が必要です)

※なお、五所川原商工会議所労働保険事務組合に事務委託するには、五所川原商工会議所の年度会費のほかに、事務委託手数料が必要となります。詳しくは、五所川原商工会議所労働保険事務組合へお問い合わせ下さい。